2021年2月10日

株式会社 クボタがアセアン農家向けの営農支援サービスの開発会社であるListenField社に出資

株式会社 クボタがアセアン農家向けの営農支援サービスの開発会社であるListenField社に出資

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:北尾裕一、以下「クボタ社」)は、タイなどのアセアン農家向けに営農支援サービスを開発するListenField株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:Dr.シナショウティラナン・ラサリン、以下「ListenField社」)に出資しました。

1.出資の背景と概要

・クボタ社は、社外パートナーとの連携によるオープンイノベーションの推進部門として2019年に「イノベーションセンター」を立ち上げました。スタートアップ企業への出資などを通じ、先進のアグリテック・エコテックや、新たなビジネスモデルへの知見を深め、農業・水環境分野でのソリューション事業の開発を加速させています。

・このたびクボタ社が出資したListenField社は個人農家や農業法人向けに、スマートフォンなどで利用できる営農支援サービスを開発しています。気象や土壌などのデータ閲覧、農家同士の情報交換のためのチャットツールなど、農業経営に関わる幅広いサービスを提供しています。

・タイは世界有数のコメ輸出量を誇る農業国ですが、地理的条件から干ばつや洪水など気象災害を受けやすい地域と言われています。ListenField社は気象や土壌に関する多様なデータを分析し、作物の栽培モデルと、高精度な生育予測アルゴリズムの構築を進めています。これらの技術を活用し、作物の植え付けや収穫作業の最適な時期などをタイなどの農家に提案することで、農業経営の意思決定を手助けすることが可能になります。クボタ社は東南アジアを重要な市場と位置付けており、クボタ社とListenField社は、作物収量の大幅な向上と薬剤や肥料などの最適化を実現する画期的なスマート農業技術を共同開発し、タイをはじめとする東南アジア諸国の農家に提供することを目指します。

Ref: https://www.kubota.co.jp/news/2021/management_20210210.html

Similar posts

ListenFieldが運用と収益性を上げるためにできることをご覧ください。

お問い合わせ